読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKAI TSUKI

System development or Technical something

install OpenLDAP

OpenLDAPをインストールしてみます。

install

まずはyumでインストール。

# yum -y install openldap-servers openldap-clients

setting

ここでつまった。。。

というか、設定の意味が理解できていなくて、
デフォルトで設定される内容が不明。。。

まず、yumインストールした後、
以下のファイルをコピー。

# cd /etc/openldap/
# cp -p /usr/share/openldap-servers/slapd.conf.obsolete slapd.conf

コピーしたslapd.confをベースに以下を修正。

設定ディレクトリについて

(変更前)
# enable on-the-fly configuration (cn=config)
database config
access to *
        by dn.exact="gidNumber=0+uidNumber=0,cn=peercred,cn=external,cn=auth" manage
        by * none

(変更後)
# enable on-the-fly configuration (cn=config)
database config
rootdn  "cn=admin,cn=config"
rootpw  {SSHA}******************************


パスワード設定
データディレクトリ管理者のパスワード設定

(変更前)
database        bdb
suffix          "dc=my-domain,dc=com"
checkpoint      1024 15
rootdn          "cn=Manager,dc=my-domain,dc=com"
# Cleartext passwords, especially for the rootdn, should
# be avoided.  See slappasswd(8) and slapd.conf(5) for details.
# Use of strong authentication encouraged.
# rootpw                secret
# rootpw                {crypt}ijFYNcSNctBYg


(変更後)
database        bdb
suffix          "dc=my-domain,dc=com"
checkpoint      1024 15
rootdn          "cn=Manager,dc=my-domain,dc=com"
# Cleartext passwords, especially for the rootdn, should
# be avoided.  See slappasswd(8) and slapd.conf(5) for details.
# Use of strong authentication encouraged.
# rootpw                secret
# rootpw                {crypt}ijFYNcSNctBYg
rootpw          {SSHA}*******************************

パスワードの部分は以下のコマンドを利用します。

# slappasswd
New password:
Re-enter new password:
{SSHA}************************


さらに、OpenLDAPが利用するBerkeley DBの設定について
サンプルファイルをコピーします。

# cp /usr/share/openldap-servers/DB_CONFIG.example /var/lib/ldap/DB_CONFIG


最後に以下のディレクトリを再作成します。
/etc/openldap/slapd.d/

# cd /etc/openldap/
# rm -rf slapd.d
# mkdir slapd.d
# chown -R ldap:ldap /etc/openldap/slapd.d/

この「/etc/openldap/slapd.d/」以下のファイルは
自動生成されたファイルみたいです。

例としては、以下のように手動で編集しないように書かれています。
またcheksumもあって、手動で編集して再起動すると
起動時に警告が出ました。

# AUTO-GENERATED FILE - DO NOT EDIT!! Use ldapmodify.
# CRC32 5b937a8c
dn: cn=config
objectClass: olcGlobal
cn: config

start

上記の設定ができたら、起動します。

# service slapd start
slapd を起動中:                                            [  OK  ]
#

ldapadd

起動したら、基本ディレクトリを登録します。
以下のようにファイルを作成します。

# cat init.ldif
dn: dc=my-domain,dc=com
objectclass: dcObject
objectclass: organization
o: test org
dc: my-domain

dn: cn=Manager,dc=my-domain,dc=com
objectclass: organizationalRole
cn: Manager


以下のコマンドを実行します。

# ldapadd -x -D "cn=Manager,dc=my-domain,dc=com" -W -f init.ldif

パスワードを確認されるので、入力したらデータが登録できます。

試しに検索のコマンドを実行してみました。

# ldapsearch -x -D "cn=Manager,dc=my-domain,dc=com" -W
Enter LDAP Password:
# extended LDIF
#
# LDAPv3
# base <> (default) with scope subtree
# filter: (objectclass=*)
# requesting: ALL
#

# search result
search: 2
result: 32 No such object

# numResponses: 1

とりあえず、動いてはいるようです。